タブレットにはロックがかかっているSIMロック版

SIMとは、NTTdocomoでは、UIMカードKDDIでは、auICカード、softbankではUSIMカードという名前のICカードのことを指しています。

携帯電話に、大手キャリアのものではなく、格安SIMのカードを入れて使うと、通信料が安くつけるので、最近注目されるようになっています。

今あるスマホにSIMをセットしただけでは使うことはできないのです。

それは、端末側で携帯電話網につなぐための設定が行われていないためです。

docomoなどのスマホでは設定がされていてSIMカードを入れるだけで接続できるのですが、格安SIMの場合、APNの設定をユーザー自身が行わなければならないのです。

iPhoneで格安SIMを使いたい人はいると思います。

NTTドコモの回線を借りている会社であれば、そのままドコモのiPhoneが使えちゃいます。

しかし、softbankやauのものはなんと使うことが出来ないのです。

そうなったら、SIMロックが解除されたiPhoneを買うか、できればSIMロック解除をする、もしくは、難易度は上がりますが、下駄を使うことになります。

一般に、帯域が太ければユーザーが一気に増えたとしても、速度が低下しにくく、しっかりとした設備であれば、データを素早く処理できるため利用者が多い時間帯でも通信速度の低下は発生しづらい、と言われています。

よって、仮想移動体通信事業者を選択する際は、価格だけでなくサービス品質も考慮して事業者を選択する必要があることが分かります。

低価格でデータ通信できる格安SIM。

月々1000円のものもある格安SIMでは、2GBから3GB程度のデータ量が使えます。

LTEを使い切った後は通信速度が制限されますが、そのような状況でも、動画や重いアプリのダウンロード以外は、大方のアプリ、ネット検索・閲覧などが利用できます。

低価格のSIMを使うことができれば、通信費の削減が出来ます。

ソフトバンク等だと7000円から9000円ほどかかる費用が、仮想移動体通信事業者だと月々1000円という費用になることも。

一回は、プランニングしてみても悪くないのではないでしょうか。

大手キャリアのスマートフォンや外でも接続できるタブレットにはロックがかかっているSIMロック版と、SIMロックがかかっていないタイプのものがある。

Softbank、au、ドコモなどの大手キャリアが販売しているほとんどの端末は、SIMを他社のものが使えないロック(SIM)がかかっています。

ただし、SIMロックが設定されていても、ドコモの端末であれば、ドコモの回線を借りている事業者のSIMを利用することができます。

今なら、docomoやKDDIなども格安SIMの提供を開始しています。

格安SIMはちょっと不安という方や、ベースとして使って行けるサービスがしっかりとした格安SIMが欲しい方は、ドコモやauが提供しているSIMサービスを選んだ方が良いかもしれません。

現在、格安SIM・格安スマホを提供するたくさんある仮想移動体通信事業者いわゆるMVNOは、ドコモのネットワークを借りてサービスを行っています。

そのため、仕様としての通信速度は「最大150Mbps」など、何処でも大きな違いはない状態です。

でも、実際に速度を比較してみると各社によって違う場合があります。

例をあげると、利用率の高いお昼休みの時間に確認すると、大きな差として、1Mから20Mあたりまでを確認することが出来たケースも。

どの事業者も同じドコモの回線を使用しているはずなのに、この通信速度の差はどこから生じるのでしょうか。

どうしてかというと通信速度は、帯域の太さと「通信設備」に影響されることがあります。

「帯域の太さ」とこの「設備」とは仮想移動体通信事業者(MVNO)によって違います。

よく読まれてるサイト:格安SIMをかけ放題で。おすすめはここ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です